2017年02月 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2006.09.24 (Sun)

上田勝恵一等海佐のちょっとステキな話☆


ネットで見つけた、ちょっとステキな話


20060227114104468145897000.jpg

練習艦(TV)「かしま(kashima)」
海上自衛隊の幹部(士官)候補生を訓練するための船です


2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に
参加するため、世界各国の帆船や海軍の艦艇がニューヨーク港に集結しました。


翌日の5日、英国の豪華客船「QE2」が入港。しかし折悪しくも2ノット半の
急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、
係留中の「かしま」船首部分に接触してしまいました。

着岸した「QE2」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と
一等航海士が謝罪にやってきました。

その時の「かしま」艦長、上田勝恵一等海佐(海軍大佐)の答えは…


「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」



この発言が船乗りたちの間で評判となり、ニューヨークのみならず
ロンドンにも伝わって「Times」などが記事に取り上げたそうです。

日本の「海軍士官」のユーモアセンスは高く評価されました。


スマートで 目端が利いて 几帳面 
負けじ魂 これぞ船乗り


帝国海軍時代から伝わる言葉です。
海の男はスマートじゃないといけませんね

enjoy korea




アジアの森





関連記事
13:40  |  自衛隊・戦争関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sora1975.blog88.fc2.com/tb.php/8-5bfb4da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。