2006年09月 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2006.09.24 (Sun)

上田勝恵一等海佐のちょっとステキな話☆


ネットで見つけた、ちょっとステキな話


20060227114104468145897000.jpg

練習艦(TV)「かしま(kashima)」
海上自衛隊の幹部(士官)候補生を訓練するための船です


2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に
参加するため、世界各国の帆船や海軍の艦艇がニューヨーク港に集結しました。


翌日の5日、英国の豪華客船「QE2」が入港。しかし折悪しくも2ノット半の
急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、
係留中の「かしま」船首部分に接触してしまいました。

着岸した「QE2」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と
一等航海士が謝罪にやってきました。

その時の「かしま」艦長、上田勝恵一等海佐(海軍大佐)の答えは…


「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」



この発言が船乗りたちの間で評判となり、ニューヨークのみならず
ロンドンにも伝わって「Times」などが記事に取り上げたそうです。

日本の「海軍士官」のユーモアセンスは高く評価されました。


スマートで 目端が利いて 几帳面 
負けじ魂 これぞ船乗り


帝国海軍時代から伝わる言葉です。
海の男はスマートじゃないといけませんね

enjoy korea




アジアの森





スポンサーサイト
13:40  |  自衛隊・戦争関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

2006.09.22 (Fri)

なりきり兵馬傭青年・パブロ君映像

兵馬傭に侵入したドイツ人留学生。(笑)
20060919-2.jpg

西安の世界遺産、兵馬俑坑で16日午後2時頃、自前の兵馬俑の服を着たドイツ人男性観光客が1号坑内に入り込んだ。幸いにも文化財に被害はなかった。「華他報」が伝えた。秦損皇陵兵馬俑博物館がオープンして27年、観光客が坑内に入り込んだのは初めて。
男性は1週間かけて兵馬俑の服を作り、杭州から西安を訪れた。服を着替えて、監視員の目を盗み、柵を乗り越えて坑内に侵入したという。近くの兵馬俑をまねて立ち、職員や通訳が説得しても、動こうともせず声も発しなかった。最終的に保安員によって坑外に連れ出された。
男性の名はパブロ(26歳)。ドイツ・シュトゥットガルトからの留学生で、現在杭州の某学院で芸術を専攻している。彼は自分の行動を反省しており「坑内に入ったのは、あくまでも兵馬俑が好きだという思いからであり、決して危害を加えるつもりはなかったことを信じてほしい」と釈明した。文化財に被害がなかったこともあり、現地警察と博物館から厳重注意を受けた後、杭州に帰された。


imgbb5dd85etc35uo.jpg



20060919_4.jpg

警備員たちの、吹き出しそうな表情に和んだw


何はともあれ、パブロ君
世界中に笑いを提供してくれてアリガト~( ̄▽ ̄)V






アジアの森



13:38  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

2006.09.17 (Sun)

テレビ朝日アナは「悠仁」様がご誕生の際、喪服を着ていた?

たしかに喪服姿にみえる・・・
結局あとで調べてみたら喪服ではなかったようですが。
8617.jpg
でも発言は・・・


・天皇皇后陛下をおじいちゃんおばあちゃん呼ばわり
・唐突に「オメコメ」と発言し、茶の間を凍りつかせる
・なぜか皇室の携帯電話使用に異常に粘着
・産み分け疑惑に言及
・「いちおうおめでとうといっておいたほうがいいですね」と発言
・外国の方(中韓人?)と結婚するようなことになれば親近感が沸くなどと発言



さすがテレ朝です。。TBSと並んで究極の反日テレビ局
と言われるだけありますね。

ちなみにテレビ朝日は共産党系のテレビ局です。
(中国の舌とも言われていますが・・)


皇室に男児が生まれた事が、くやしくて仕方がない模様です。

どうやら、視聴者からかなりの抗議が来たらしく、
こんな感じに変更してきました(笑)


8619.jpg

ぷっ !! 

8683.jpg

花が増えてる~(爆) 背景も違う~w !


8684.jpg

なにもここまで無理しなくてもいいのにね(笑) 
 


みなさん、この愉快なテレ朝を観察しましょう~♪






アジアの森






13:27  |  皇室関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

2006.09.16 (Sat)

不思議な空に浮かぶ“竜”が撮られました。

不思議な空に浮かぶ“竜”が撮られました。
0000007402.jpg
2006年9月3日 日曜日
(空に浮かぶ“竜”-佐賀から参拝の男性が鶴岡市湯殿山で撮影)


空を悠々と泳ぐ竜のように見える雲=鶴岡市、山田晋太郎さん撮影

鶴岡市の湯殿山参籠所(さんろうしょ)付近で、出羽三山を参拝に訪れていた
佐賀県唐津市町田、獣医師山田晋太郎さん(29)が竜のように見える雲を撮影した。

山田さんは、先月30日から今月1日にかけて参拝に訪れた。
31日午後6時40分ごろ、湯殿山参籠所の2階から外の景色を眺めていたところ、
不思議な形をした雲を見つけた。

「竜だ!」。
初めは細長い雲の固まりだったが、少しずつ形状を変え、
しばらくして目の前に“竜”が出現した。

「どんどん形を変え、最後は竜のような姿になったので、1人で興奮して見ていた」
と山田さん。急いでカメラを取り出し、撮影した。10分ほどで雲の形は崩れ、
夕闇に隠れるように見えなくなったという。

山田さんは「人生の節目、新しい出発になれば」と出羽三山を初めて訪れた。
出羽三山の奥の院とされ、霊験あらたかな清めの山として知られる湯殿山。

その上空で見つけた竜の雲に、写真を見た家族も「不思議な体験」と
驚いていたという。
(山形新聞より転載)



ネットでちょっと評判になっている写真を載せてみました。

時期的に「悠仁さま」のご誕生に何か関係があるのではないか・・?
という感想が多いようです。

関係があるかどうかは分かりませんが、なんといっても
竜は古代中国では皇帝の印とも言われているので、

やっぱり「悠仁さま」が天皇になるのかな?

な~んて、ちょっと想像してしまいました。
(もちろん皇室典範が改正されなければ、将来天皇になるのは確実ですけどね!)





アジアの森






13:24  |  皇室関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

2006.09.12 (Tue)

悠仁さまご出産に関して、乙武洋匡さんが何か言ってます。。

<命名の儀>秋篠宮ご長男、悠仁(ひさひと)さまに

秋篠宮ご夫妻の3番目のお子さまの名前が「悠仁(ひさひと)」に決まり一般のお七夜にあたる12日午後、
紀子さまとお子さまが入院する東京都港区の愛育病院で、「命名の儀」が行われた。

皇室の慣例で、皇太子ご夫妻の長女愛子さまの「敬宮(としのみや)」のように、天皇と皇太子の子どもに付く幼少時の称号はない。
紀子さまとお子さまの経過は順調で、今週末にも退院する見通し。

4650632.jpg




新宮さまの、お名前が悠仁(ひさひと)さまに決定しました~ (*´∀`*)

悠仁さまですか。。。
中々良いお名前じゃないでしょうか?

個人的には悠という文字は好きですね。悠久の歴史を持つ
天皇家の男児には、とてもふさわしいお名前だと思います。


それと、紀子さまとお子さまが退院されるのは週末だと言うことで、
とても楽しみです♪

1026571.jpg
この中に悠仁さまも入るんですね(^^*)



ところで紀子さまのご出産に関連して、
ちょっと嫌な話を見つけてしまいました。
乙武洋匡さんのオフィシャルサイトでの記事です。

oto-profile.jpg

2006.09.07

紀子さま出産


世間は昨日から「めでたい、めでたい」と騒いでるけど……

ひとつの命が誕生したことがめでたいの?

それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの?

どちらにしても。

これで、また大事な議論は先送りにされてしまうんだろうなあ…。


v3_anim041.gif


乙武さんのサイト。大変な事になってます。
大炎上中です。。

コメントも私が見た時は1568ほどありました。
ちなみに、これに驚いた乙武さん。一応謝罪文載せましたが。。。




2006.09.07

深くお詫びします
2ちゃんねるを中心に、たいへんな反響を呼んでしまっているようです。
お騒がせして、たいへん申し訳ありません。

言葉足らずの文章を書いたために、多くの方の誤解と憤りを招いてしまったことを、
深くお詫びするとともに、弁明させていただければと思います。


まず、今回、親王のご誕生を「めでたくない」と考えているように受け取られる
文章を書いてしまったことを、深く、深く、反省しています。

むしろ、僕は親王のご誕生を「おめでたいこと」「よろこばしいこと」だと思っています。
それは、性別の如何を問わず、ひとつの命が誕生したことを「よろこばしい」
と思っているのです。

ところが、ご誕生を受けてのマスコミ報道や世論には、
少なからず「男の子でよかった」という風潮が感じられました。
そのことに、僕は抵抗を感じてしまったのです。

男であろうが、女であろうが、皇室であろうが、民間人であろうが、
命の重さは等しく、尊ばれるもの。
そう思っていた僕には、内親王がご誕生した時よりもはるかに舞い上がった
今回の慶事ムードに違和感を覚えてしまったのです。

どんな命でも尊いはずだ。

その結論を急ぎすぎたあまり、ご誕生に対するよろこびの気持ちを
欠いた表現となってしまいましたことを深くお詫びするとともに、
みずからの文才のなさを恥ずかしく思うばかりです。

最後に、僕と同様の疑問を感じていた友人からのメールを紹介させてください。

「テレビで『親王以外にも今日生まれた子おめでとう!! 』
なんてセリフを言ってくれるアナウンサーいたらカッコイイのになあ」


思慮が足りず、みなさまにはたいへんご迷惑をおかけいたしましたことを
深くお詫びします。


*こちらの記事には、なんと3800以上のコメントがきてます(^^;

v3_anim041.gif



こんな感じです。
とても謝っているようには見えませんね。

まぁ、どんな事書いても言論の自由があるからにはいいんでしょうが、
なんだか乙武さんの事が、嫌いになっちゃいましたね。


ついでに「紀子さま出産」じゃなくて、
「紀子さまご出産」と書いて下さいね。

この一文で、乙武さんの天皇家への感情がモロバレですよ


興味のある方はコチラからどうぞ
乙武洋匡のオフィシャルサイト






アジアの森



13:19  |  皇室関連  |  TB(0)  |  CM(1)  |   |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。