2017年05月 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2006.10.20 (Fri)

終戦後の高砂義勇兵の苦難


純真で高潔な魂をもつ、台湾高砂族の物語。を読んでない方は、先にこちらからどうぞ。


040109_01.jpg


■大戦終結後


半数が戦死したと言われる(正式な記録が残っていません)高砂義勇隊ですが、戦争終結後も苦難が待っていました。前述したように日本軍が撤退し、アメリカの援助を受けて戦勝国という立場を得ていた国民党軍が台湾を接収してしまった為に、彼らも無理やり中国籍にされてしまったのです。
国籍が中国になったので、恩給や補償を受け取れずにいましたが一部の反日団体に利用されている人などを除けば訴訟裁判なんて起こしていませんし、日本を恨んでもいません。
むしろ、共に戦えた事を今も誇りに思っています。
日本の方々は本当に素晴らしい戦友を持ったものだと思います。

さて、その国民党軍(外省人)による台湾民族(本省人)への狼藉は目に余るものがありました。
彼らは台湾民族を不当に職場から締め出し、台湾元を不当に安く設定する事で台湾からの物資は安く買い叩き、中国からの品物は高く売りつけるといった事をします。
このせいで、台湾の経済は破綻し前述したように帰還した軍属の方々は当然、台湾の一般人も仕事が与えられなかったために、失業者は30万人を越え日本統治時代の法治国家としての姿は見る影も無く、公共交通機関も警護無しでは利用でないという治安の悪化も招きます。

そして民衆の不満はついに爆発します。密輸煙草を売ることでかろうじて生活していた老婆に取締りの国民政府軍兵士が、煙草を取り上げるばかりか所持金まで取り上げたのです。
還してくれるよう懇願する老婆を、銃床で滅多打ちにするという余りの暴挙に市民が憤慨。
逃げながら撃った、取締官の銃弾が市民一人を即死に至らしめると一層市民を刺激しついに全土で暴動が発生しました。これが有名な二・二八事件です。

最初は武器を持たない民衆が行政の改革を訴えるデモでしたが、国民政府軍は重火器を以って、市民に対し虐殺を開始します(この辺り、中国人は全く今も昔も変わってませんね。) 
そこで立ち上がったのが元帝国軍人の台湾人の皆さんでした。

「放送局を占拠して、元日本軍人を招集しました。かつての軍人たちは所属していた部隊に関係なく集まりました。陸軍、海軍もバラバラに集まって来ました。集まって来た人は、日本軍の軍服が国府(中華民国国民政府)側の倉庫にあったので、みんなでこれを奪い取って着て軍人に返りました。武器もありましたよ。終戦二年後にして大日本帝国軍人の復 活、大日本帝国軍隊の復興ですよ。高砂義勇隊も山から降りて来ました。嘉義や台中では高砂義勇隊が出て戦いました。」(台湾独立の胎動ー4より)

まさに、これこそ帝国軍人魂ですね。
…それはともかく、そういった経緯で元軍属の方々も立ち上がり錆付きかけた武器で国民政府軍を圧倒し、一時政府軍側の陳儀行政長官も台湾人側の要求であった台湾省政の改革を受け入れるような態度を見せ台湾が台湾人の手に戻るかと全土は一気に沸き立ちました。
しかし、それは本土に援軍が到着するまでの時間稼ぎの計略で13,000名に及ぶ精鋭の中国陸軍第二十一師団と憲兵第四団が上陸すると手当たり次第に台湾人を虐殺しました。

台湾人への無差別な殺戮は高雄・基隆から始まり、約2週間で全島を鎮圧しました。
殺戮には機関銃が使用されたが、手のひらに針金を刺し、数人1組に繋いだり、麻袋に詰めて海や河に投げ捨てたり、また、処刑前に市中引き回しを行い、処刑後は数日間放置されたり、と今世紀に生きる近代文明の人間がなしえる業とは思えぬ野蛮きわまりない手口でした。

3月14日、警備総司令部により「粛奸工作」が開始されます。「粛奸工作」の対象は、事件に直接関与していない者も多く含まれ、社会的指導者はもとより、危険人物と見られた民意代表、教授、弁護士、医者、作家、教師など、多くの知識人が逮捕されました。意図的に日本教育を受けた知識人を根こそぎ粛清するかのようでした。このため、台湾の知識人の存在は一時期の間空白となってしまいました。(台湾の歴史-虐殺と粛清-より)

こうして台湾人の日本帝国軍人も最後まで抵抗するも、あるいは戦死し、あるいは解散し野に隠れるなどして事実上消滅していきました。
その後、レーガン政権による国民党軍への民主化の圧力をきっかけに、1988年大日本帝国で教育を受けた李登輝氏が総統に就任した事で、ようやく民主化が始まり中国本土と渡り合えるだけの力を付けてきたのです。





img359da809vqm0m7.jpg

**高砂義勇隊の兵士**


L32-3.gif



遙かなる日本を忘れぬ  鳥海美朗


南の海に発した黒潮は台湾を経て日本列島を北上する。簡福源氏(74)の風貌は、四国・徳島県の海辺に暮らした父方の祖父を思い出させた。古(いにしえ)の親戚であったのかもしれない。
台北の中心街から南へ、車で1時間ほど、烏来(ウライ)郷という山間の自然公園の近くに簡氏のお宅があった。初対面である。簡氏はしかし、誤解を恐れず、自らが抱く、遙かなる「日本」への思いを語り続けた。

食卓にはタケノコのいためものや川エビの空揚げなど山の料理が並べられ、とっておきの高梁(コーリャン)酒で私たちは杯を重ねた。
「日本という国がもたらしてくれたもの。それが今日の私の根本なのです」
簡氏は昭和6年(1931年)、日本統治下の台湾に生まれた。6歳の時から6年間学んだ「烏来教育処」を卒業後、日本陸軍軍属になった。
ニューギニアで日本兵として戦死した叔父の「仇をとってやる」と思いつめた。

戦後、日本人は兵も一般人も帰還していった。なぜ僕らも帰らないのかとおじいさんに聞くと、内地の人とは違うという。「ああ、僕は日本人じゃあなかったのか」
簡氏は台湾人である。日台の歴史を知らない場合、ふつう、簡氏のような「日本」への過度にも思えるいれ込みようを示されれば、心地よさよりもむしろ、とまどいを感じる日本人もいるだろう。
台湾はスペインとオランダによる占領を経て、17世紀末からは清朝の支配を受けた。
日清戦争後の1895年、下関条約によって日本統治下に入った歴史がある。

日本が台湾のために国内と同様に帝国大学を設け、鉄道を敷き、水利工事を行うなど当時の国力としては精一杯の力を尽くしたのは事実だが、半世紀にわたる日本統治のすべてが善政だったとは言い切れまい。しかし、少年期に「山田正太郎」を名乗った簡氏は日本語による基礎教育に感謝し、「日本精神は誠の精神。まっすぐで正しい」と説き続けるのである。

厳密に言えば、簡氏は「高砂族」と総称された台湾先住民の一つ、タイヤル族に属する。
族語で温泉を意味するウライの部族長一族の出身で、戦後は20代で台北県議にも当選した。
その後、町村長に相当する烏来郷長を60歳すぎまでつとめた。
そんな簡氏はまた「日本人と産経の読者の皆さんに何と詫びたらいいのか」と繰り返し言う。

本紙でも何度か紹介したが、先の大戦で日本兵として戦った「高砂義勇兵」の英霊記念碑移転にからむトラブルである。読者から寄せられた多額の義援金によって今年2月、移転が完了したのだが、李登輝前台湾総統の揮毫(きごう)も刻まれた記念碑や石碑に一部の立法院(国会)議員やメディアが強く抗議した。
「天皇を賞賛し、誤った歴史認識が含まれている」との理由である。
記念碑は現在、竹板で覆われ、「君が代」などの文字が刻まれた8つの小さな石碑は県の公園事務所の片隅に置かれた状態になっている。簡氏は内政部(内務省)に記念碑の原状回復を求める訴えを起こしているが、解決の目途は立っていない。


10004886607_s.jpg10004919536_s.jpg
 台湾生活・・・アジアの平和を願ってより転載させて頂きました。



「烏来教育処ではタイヤルの子も日本の子も一緒に学んだ。国語(日本語)にれきし、算数…。担任のオオクボ先生はおぼえが悪い生徒をよく殴ったけれど、分け隔てはしなかった」
かつては同化した「日本」への情熱の中に簡氏は生きている。
「日本がなければ、今の私の恵まれた暮らしはなかった」このような恩義の気持ちを、多くの日本人は忘れてしまった。


【ソース】産経新聞 2006/6/5 朝刊13面『一筆多論』


還ってきた台湾人日本兵 / 河崎 真澄




アジアの森



スポンサーサイト
14:44  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑

2006.10.20 (Fri)

純真で高潔な魂をもつ、台湾高砂族の物語。


takasago_giyuhei1.gif

かくありて 許されるべきや 密林の かなたに消えし 戦友(とも)を思えば


(本間雅晴中将 高砂義勇兵への鎮魂詠唱)




高砂とは台湾の山岳民族である高砂族からとられていて、彼らは日本軍の募兵に応じて積極的に志願し、7000名前後が高い競争率にも負けず入隊し日本兵として太平洋戦争を戦いました。しかし、高砂義勇隊は無謀なレイテ強襲上陸作戦など、戦争末期の苛烈な戦線に投入され大量の戦死者を出しました。

生き残り、戦後台湾に帰国された方々もいましたが戦勝国として乗り込んできた中国の国民党軍が居座って統治権を握ってしまい、その際国籍を無理やり中国にさせられたために日本から軍属としての恩給や補償も得られず、間違った反戦教育で歪んでいった日本人の間の記憶からも徐々に忘れ去られていったのです。


■先住民族が高砂族として日本に同化するまで

高砂族とは後から名づけられた部族名で、1895年に下関条約に基づき清国から台湾統治を譲り受け、統治を開始した日本が先住少数民族のタイヤル、パイワン、ヤミ族など8種類の部族を総称してそう呼びました。
彼ら山岳先住民族はテリトリー意識が非常に厳しく、平地に住む人々が無断で山に侵入してきた場合は首を狩られるなど、野蛮な風習があり「蕃人」などと呼ばれ蔑まれていました。
事実、清国は彼らを完全に隔離し平地と山岳部には柵を作り、無闇に領域を侵さないようにして平和を保っていたのです。

そんな彼ら先住民に対し、日本はやはり平地に住む人々と隔離する事は変わりませんでしたが大きく違ったのは、積極的に警官を駐在させたり教師や技術者などを送り住まわせて、文化や教育、土木技術などを取り入れさせる、俗に言う皇民化政策を推し進めたのです。(念を押しておきますが、未開人と見なされた人々へ文化の恩恵を与えて導くのは当時の”強国”の正当な義務でした。もっとも欧米は植民地化して搾取することしか考えておらず、それを生真面目に実行したのは日本国だけでした。)

その際、台湾の美しい海岸線を見た日本人は、日本の高砂にも劣らぬ素晴らしさだと評価し、そこから彼ら先住民族の総称を「高砂族」とする事に決めたそうです。
台湾を訪問した昭和天皇が、蛮族と紹介した将軍に対し「朕の国民を蛮族呼ばわりするとは何事か!」とたしなめられたので、慌てて呼称を付けたと言う逸話もあります。
また明治天皇は 新高山の麓の民草も繁りますると聞くや嬉しき と言う歌を詠んで日本統治の元に発展していく台湾民族を喜び、特に新高山と書いているので高砂族を気にかけていたことが伝わってきます。

こうして日本文化を浸透させる事で、韓国と同じように”原住民”を”文明人”に引き上げようとしたのです。しかし、インフラ整備に伴う過酷な労役は彼ら先住民族に強制されましたのでそれに駆り出された彼らの不満は”霧社事件”という先住民による学校の運動会襲撃事件を引き起こしたりしました。
この事件で日本人134名(後145名とも)が殺害され、日本軍は航空機を投入する徹底的な殲滅作戦を行い、決起した1000余名のうち事件の首謀者であるモーナルダオ(自殺)以下685名を殺害(死者の半数は他の高砂部族の手によると言われる)し、投降者551名を受け入れこの暴動を終結させました。


■日本兵として

モーナルダオ率いるマライ系高砂族による暴動という事態が起き、総督以下関係官吏が罷免されましたが、それ以後大きな衝突は起こらずインフラ整備が軌道に乗ると生活も豊かになってきます。国語として定められた日本語は今まで全く無かった部族間の交流を実現させ、公学校が建設され一般家庭の子供たちが教育を受けれるようになり、教育勅語などの教えはモラルも上げていきました。

こうして事実上、台湾人は中国本土に住む人々より文化や精神レベルは高くなったのです。
日本は”植民地政策”を行っていない、という論拠でもありますね。(有名な逸話で、台湾を接収しにきた国民党軍の兵士が蛇口を捻れば水が出てくる事に驚いて、金物屋で蛇口だけを買って壁に取り付けたが当然水が出ない。騙されたと怒ったその兵士は金物屋の主人を殺した、と言うのがあります。)

これは当時同じく欧米列強の植民地となっていたアフリカ、インド、東南アジアの悲惨な状況を見れば、その差は歴然と言えると思います。(韓国の皆さんは残念ながら日本が撤退すると、恩恵は綺麗に忘れて植民地支配を受けたと今でも騒がれてますが台湾の方々は違いました。それは後述します。)


さて、太平洋戦争が始まりますと日本軍は南方戦線でのジャングル戦に悩まされます。
フィリピン攻略戦で損害を被った陸軍は、密林の山岳地帯を戦える素質を持った兵隊として山岳民族であった高砂族に白羽の矢を立てました。
そして、植民地政策を進める欧米列強に対抗しアジアを開放し、八紘一宇という目標を達成するために戦っていた日本に協力しようと大勢の高砂族の若者が志願をします。
一時は100人応募しても採用されるのは2~3人程度という競争率で、中には血で書いた嘆願書を持ってくる方もいたそうです。

こうして、第一次高砂義勇隊500名を皮切りに7000名前後の高砂族の若者が太平洋戦争に身を投じたわけです。先祖伝来の蕃刀(ばんとう)で密林を切り開き方向感覚を失わず、夜目が効き勇猛果敢な性質だった彼らは大活躍しました。
フィリピン攻略だけでなく、メナドやパレンバンの空挺作戦など数々の作戦に参加して南方作戦に従事していた日本兵を助けています。
日本人にも「彼らは素直で純真、そして責任感がありました」と言わせるほどの立派な民族としてその名を響かせていました。


高砂義勇隊を語るには外せないエピソードの一つに、戦友の食料を調達するために出かけていった高砂族の兵士が、両腕に一切手をつけていない食料を抱えたまま餓死した状態で発見されたというものがあります。
たとえ自分が餓死しようとも、戦友の為の食料には最後まで手を付けない。
アメリカ人から見れば到底理解不能な話ではありますが、その愚直なまでの高潔な精神性には胸が熱くなるものを感じます。そして、彼ら高砂族の方々はそういった精神は日本人から学んだと胸を張って語られています。
こういった方々にあるときは協力し合い、あるときは助け、助けられて我々のご先祖様は戦ってきたわけです。


高砂族、苦難の戦後へつづく。


証言 台湾高砂義勇隊 証言 台湾高砂義勇隊
林 えいだい (1998/05)
草風館





アジアの森




14:41  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |   |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。